リフォーム・不動産のオノヤ-新卒・中途採用
RECRUIT2019

若手社員座談会

オノヤ採用座談会
01.オノヤの印象は?


南部:私はガツガツというよりは「元気のある楽しそうな会社」というのが第一印象でしたね。 ブースに立ち寄ったとき、先輩社員がイキイキとしていたんです。 淡々と説明しているのではなくて、楽しそうに仕事しているんだなぁというのが伝わってきて。 とにかく他の会社とは違って見えました。

齊藤:「フレンドリー」だなと思いました。 説明会のときも先輩社員たちが気さくに話しかけてくれたので、緊張もほぐれましたね。
大谷:会社説明会で社長とお話しする機会があったのですが、とにかく「熱い」と思いました。 話をしているうちに、自分がワクワクしてきたのを覚えています。
02.オノヤの魅力ってなんだと思いますか?
 
齊藤:担当一貫性を行っているところですね。1人のアドバイザーがいろんな仕事をしているので、さまざまな場面でやりがいを見出せます。 あとはどんな空間にするかお客様と一緒に考えながら創りあげる点もとても魅力的だと思います!

南部:やりがいと会社の雰囲気ですね。 お客様に寄り添って現場をつくっていけるので、 どんなに忙しくても最後にお客様に喜んでもらえると「やっていて良かったなぁ」って感じますね。 あと周りの人の支えがあるから頑張れる。 リーダーも、どんなに忙しくても時間をつくって相談にのってサポートしてくれますね。
03.アドバイザーの仕事は大変じゃないですか?


大谷:たしかに専門的なことや営業の知識も必要なので、慣れるまで時間がかかりましたし大変でした。 でも、周りの先輩やリーダーなどが支えてくれる環境が常にあるのが心強いですね。 あとは職人さんも慣れるまでしっかりサポートしてくれますが、仕事で大事なのは人間性だなぁと感じますね。

南部:たしかに人間性が問われるときはありますよね。 現場をやっていると、予定通りにいかないこととか問題がどうしても出てきます。 お客様が不安に思わないように相談や報告を密にして、職人さんとも連携しながら完成させていくことは、大変だけれどもやっぱりやりがいは大きいですね。  
04.成長のために努力していることはありますか?


大谷:雑誌やWEBサイト、お店とかでは常にアンテナを張るようにしていますね。カタログとかでもモノが単品で載っていることはないので、背景に写っているモノや雰囲気を汲み取ろうとはしています。

南部:たしかに住宅街にいって「この門扉かっこいいな」とかは思ったりしますよね。すごい分かります。 あとは居酒屋いっても素敵なデザインだなとか気になったり。 知っている住宅設備なんかを見るとテンションあがります。

齊藤:目標にしたいと思う先輩方が周りにたくさんいるので、盗めるところはどんどん盗んでやる!ぐらいの気持ちで先輩たちの行動を観察してます。 とにかくいまはたくさんの現場に足を運んで経験を積んで、先輩たちから多く学んで自分の引き出しを増やしたいと思っています。
05.これからの目標は?

南部:お客様と職人さんとオノヤのスタッフみんなに信頼してもらえるようなリフォームアドバイザーになりたいと思います!



大谷:雑誌に取上げられるような現場を完成させたいです。 そのためにも、たくさん知識をつけ、たくさん現場をこなし、たくさん遊んで良い閃きが出来るようにしたいと思います。

齊藤:自分の引き出しをもっと増やすことです。 いまはインプットの時期だと思っているので、とにかくたくさんの現場へ足を運び、先輩たちから多くを学びたいですね。周りの先輩方から、盗めるところはどんどん盗みたいと思います!
06.学生に向けてメッセージをお願いします!


大谷:出会いを大切にしてください!受けた先の企業の方や一緒に試験を受けてる方など、様々な出会いがあると思います。 そういった小さな出会いを大事にするようにしてください!

南部:いろんな企業を見てください。自分のやりたいこと・自分がその会社に入ったらどうなっていけるのか・どうなりたいのか、、、、そういうことも考えながら就職活動を頑張ってください!

齊藤:会社のブランドにとらわれず、しっかり中身をみて選んでください。有名な会社だからといって、それが100%自分に合うとは限りません! これから自分が創っていくんだ!という視点に立てる会社に出会うことを願っています。
社員を知る
会社概要
採用情報
プライバシーポリシー
ヘルプ・お問い合わせ
COPYRIGHT (C) 2017 ONOYA ALL RIGHT RESERVED
RECRUIT

新卒採用

会社説明会

CAREER

中途採用

募集要項