限られたスペースを最大限生かし要望をすべてクリア

加藤奈緒美 平成25年入社
緑川様一家との出会い
緑川様一家に初めてお会いしたのは、私が入社2年目の時ときに行われた秋のリフォームイベントでした。 初日は子世帯で、翌日には親世帯でショールームへご来店されました。 他社と見積もりを比較する予定だとおっしゃっていましたが、旦那様がそれはしない、と一言。お会いしてまだ10分くらいのことでした。
増築がしたい!
緑川様一家には“ダイニングテーブルで家族そろって食事がしたい”“台所をすっきりさせたいから食料庫をつくりたい”“ゴミの分別が多いからすっきりさせたい”など、現在のお住まいへの不満や要望がたくさんありました。 それらを解消すべく緑川様は当初、増築を希望されていました。 しかし、何度も何度も打合せをして、増築することなく限られたスペースを生かしながら、ダイニングテーブルの設置や食糧庫・ゴミ分別などのスペースを確保する内容へと決まっていきました。
増築いらずのリフォームへ!
工事は順調に進み、増築することなくご要望をすべてクリアし、リフォームが無事に終了。 M様いわく、はじめは増築するイメージしかなく、今のスペースで要望を満たすことが出来るとは想像がつかなかったとのことでした。 緑川様は「思いもしなかったところにカップボードを設けるなんて、提案してもらえなかったら分からなかった、増築しなくて良かった」と感激!提案させて頂いた内容すべてにご満足いただけました。 工事が完成してお祝いをした際には、M様一家念願のダイニングテーブルでの食卓に私も交ぜていただき、みんなでおいしいご飯を食べました。 また、工事前や工事中に発生した、変更や追加内容に対応したことにも良かったと言ってくださいました。これこそ最初から最後までとことんお客様とお付き合いする、オノヤの<担当一貫性>の強みですね!!
kato-01
家族同然のお付き合い
緑川様一家とはご契約前にも関わらず、節分には一緒に豆まきをしたり、私の分まで用意された恵方巻きを、みんなで同じ方角を見ながら食べたりしました。また、打合せ終了後に突然電気が消え、サプライズで誕生日をお祝いしていただいたりもしました! 工事中、ご近所の方がM様のお宅に遊びに来たのですが(その方にもリフォームのご依頼をいただきました!)、その際「緑川さん家、家族1人増えてる~」と一言。何気ないその言葉がとても嬉しかったです。
工事に対するプレッシャーも・・・
いい関係を築いていけるのがとても嬉しい反面、工事に対するプレッシャーはありました。本当に信頼していただいているんだなと感じる一方、工事で裏切れない(がっかりしてほしくない・喜んでほしい)という気持ちも強まったからです。 ですが都度、お客様に対して工事の進み具合を報告・確認して進められたので、満足していただくことができました。 無事工事が終わったあと、M様一家は白河店に併設されている雑貨店『MONO-ya』へ遊びに来てくださいました。同時期に工事した2階の部屋にはどの時計が合うか、階段の照明も変えたいけどどれがいいかなどを一緒に考えたりして、工事後もお付き合いさせていただいてます。
kato-02