俺たちのBefore→After|ONOYA採用サイト2018

リフォーム・不動産のオノヤ-新卒・中途採用
RECRUIT2019

採用2018 ONOYAコンテンツ2

経済学部出身の俺が
リフォームアドバイザーになれた!

BEFORE
“一度決めたことは曲げない。とことん努力し続けた。”
学生時代は朝も昼も夜も、まさにバスケ一色でした。部活のモットーだった【一意専心】という言葉どおり、ひたすらバスケに集中し、没頭する日々でしたね。真剣に取り組まなければ結果に繋がるわけがない。そう思っていたので、スキルを向上させるための努力は惜しみませんでした。
“失敗は学びの機会。「人を頼る」ことを知った。”
入社したての頃は、忙しい先輩方に時間を割いてもらうのが申し訳ないな・・・という気持ちばかり。そんな遠慮があり、分からないことがあってもすぐ質問することが出来ないこともありました。けれども「分からないこと、出来ないことは仕方ない!」と、だんだん割り切れるように。社会人1年目なんて知らないことばかりで、誰かに聞かなければ仕事なんて出来るわけがないんです。周りを頼ることに対して、遠慮や気恥ずかしさなどがなくなってきましたね。
AFTER
“学生との大きな違いは≪責任≫ という言葉の重さ。”
学生にも、部活・サークル・バイト・勉強など、やることって意外とたくさんあるんですよね。ただ、やりたくなければやらなくても問題はないし、手を抜くことも簡単。いっぽう仕事は半端なことをすればお客様や会社の仲間、職人の方など誰かに迷惑をかけてしまう。「やりたくなければやらなくていい」は、仕事では通用しないんだなと身にしみて感じるようになりました。一つのことに色んな人が関わっているという実感が、「中途半端な仕事はしたくない」と私自身に“責任”の二文字を強く意識させるようになりました。
“「リフォームして良かった。」その言葉を聞くため、成長し続ける。
以前担当したお客様から工事が無事完了したときに、「リフォームして本当に良かった。こんなに綺麗になるならもっと早くやっていれば良かった!」と嬉しい言葉をかけていただいたんです。それ以来、私の目標は「三浦さんにぜひリフォームをお願いしたい」と言ってくださるファンをたくさん増やすことです。いまはそのために、バスケ部時代に培った精神力を糧に、日々スキルアップに励んでいます。
“全力でやらなきゃつまらない! ”
全力でやれば必然と結果につながり、充実した気持ちを感じられます。「手を抜いたことをした」なんて後悔もしたくないし、何よりも自分自身がつまらない。何事にも本気で向き合ってきた経験は、いまの仕事のスタイルの基礎となっていることは間違いありません。

ONOYAって何?

日本の“住まい”の常識を変えていく
東北発のクリエイター集団
ONOYA施工事例

リフォーム × 不動産 × インテリアを合わせて、最高の住まいをお客様に提案する
「ライフスタイル提案企業」です。

ABOUT

説明会について

「 全国NO.1 」オノヤの会社説明会

社長が語るONOYA

1

オノヤがなぜここまで急成長してきたのか。なぜ離職率が低いのか。その秘密が明かされます

入社からエースへの道

2

第一で活躍するオノヤのエース社員が、どうやってここまで上り詰めたのか!熱く語ります

全国4冠の
デザインはこれだ!

3

クリエーター集団のオノヤ社員が実際に手掛けた現場を紹介!二年でここまでってすごくない?

ここだけトーク
ぶっちゃけ座談会

4

先輩社員と仲良くなれる。お菓子を食べながら、普段きけない質問にもズバッと回答します

     

会社説明会日程

「説明会に参加してみる?」
YES!
会社概要
採用情報
プライバシーポリシー
ヘルプ・お問い合わせ
COPYRIGHT (C) 2017 ONOYA ALL RIGHT RESERVED