ONOYAでなら、お客様が望んでいることをカタチにできる

こんにちは、仙台泉店の上西です。
私がなぜオノヤに入社を希望し働きたいと思ったのか、
どういった点に魅かれたのかということについて紹介していきたいと思います!
私は山形の自然に囲まれた大学で四年間を過ごしていました。
そこでインテリアという空間造りの分野と出会い、あっという間にその魅力にひかれました!
しかし残念なことに、実際に空間をデザインしても、
肝心のその場所で人がどのような感想をもつのかということはわかりませんでした。
(講義では仮想の土地や空間を設定しているからです。)
そこに物足りなさを感じていたところ、
当時就活生だった私は合同企業説明会で社長自らが熱弁をふるっているオノヤと出会いました。
特に私が魅かれたのが、オノヤの大きな特徴の一つである「担当一貫制」でした。
これは営業から設計、そして現場管理まで自分で行うというもの。
「ここなら実際に何をお客さんが望んでいるのかを知ることができ、
それを実際にカタチにして、使う人が喜ぶ空間がつくれる!」
そう思った私はすぐにエントリーして、今に至っています。
そしていまでは、プランを気に入っていただき、
工事していただいたお客様から「綺麗になって気持ちがいいよ!」というお言葉をいただいたときに、
今までとは異なる達成感を感じました。
同時に家という人の人生に大きく関わる部分に携わっているということを
意識しないといけないということも強く感じさせられました。
単純にモノをつくるのが好き!人を喜ばせるのが好き!
そんな動機でも実際に入社後にまた違った魅力に気づける場所、それがオノヤだと思います!